12cups

ルーシーによろしく。

coramu01

生活の中で使われ続けてきた器や道具は、風土に根ざした自然素材の美しさと優しさ に包れています。
触れた瞬間に感じる手仕事のぬくもりは、現代社会の暮らしの中で忘れかけたものを思い出させてくれます。

柳宗悦の見出した「民芸」とは、貴族的な工芸美術と相対し、無名の職人による実用的で良質な暮らしの必需品に宿る美の意味です。
柳宗悦は大学在学中に、同人雑誌の会「白樺派」に属し、日本人の生活に則した道具、器、家具、布、絵画に注目。
「用の美」唱 え、いわゆる 「民芸運動」を起こしました。
大学卒業後、友人の英国 人陶芸家バーナード・リーチの助言で、英国ロマン主義期の詩人であり、画家でもあるウイリアム・ブレイクの研究に勤しみました。
自らの「直感」を重視するブレイクの考え方に共感し、その後の柳思想の基礎となりました。

バナード・リーチは1887年香港で生まれ、幼児期を日本で過ごしています。
1909年に再来日して、柳宗悦と交流。約10年後の1920年に、
後に益子焼きを全国に知らしめす陶芸家濱田庄司(当時26歳)と共にイギリスのセント・アイヴィスに帰国、
日本の伝統的な焼き窯「登り窯」を開きました。柳と同様に、
必要以上の装飾を避け、陶磁器が必要なのは、日用品として用を満たす器の形状や感覚と主張、当時の欧米の陶芸家に大きな影響を与えました。

オーストリアのウィーン出身で、イギリスで陶芸活動をはじめたルーシー・リーもバーナード・リーチの影響をうけた一人です。1989年、2009年には日本でも展覧会が開催されました。中国、イスラム、ヨーロッパなど世界の陶芸の伝統を幅広く熟知している彼女が作り出すフォルムと色使いに世界中の多くのファンは魅了されています。(青い器/ルーシー・リー作)
そんなルーシー・リーの元を 訪ね陶磁器製作を始めるのが、当時26歳のハンス・コパーでした。
二人はその後、柳宗悦、バーナード・リーチの温故知新的な考え方とは一線を画するヨーロッパの近 代陶芸の礎を築くのでした。
近くの美術館でハンス・コパーの作品と出会う機会がありました。
ろくろで成形したピースを結合させる独特の技法で作り上げられた彫刻的とも言われる作品は単純でありながら、とてもデリケートな作風。鋭角な輪郭線と柔らかな曲線とが生み出すその美しさに、しばし時の経つのを忘れてしまいます。
美術館でハンス109点の作品との濃密な交流は至福のひとときでした。
ちなみに妻の母はルーシー・リーに少し似ていました。

LINEで送る
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。